「読み書き」だけの英語教室を作る理由

前回、長岡で英語教室を開校するという記事を書いたところ、この記事に関するフィードバックをいくつかいただきました。

フィードバックに共通していたのが、「読み書き」だけでなく「話す」や「外国人とのふれあい」など、既存の教室にあるものもあってよいのではないか、という意見。せっかく英語を学ぶのであれば読み書きだけで終わらず、先生や受講生同士の英会話を楽しんだり、外国人と話す機会を設けたりしてもよいのではないか、というわけです。

こういう意見が聞こえてくるということは、「読み書きだけの英語教室」という私の考えは、英語学習の既成概念からすると異質な考えとして受けとめられたのでしょう。
英語ができる = 外国人と英語で話すことができる、という認識には根強いものがありそうです。

しかし、「英語ができる」ということは、必ずしも「英語で話せる」ことを意味しません。
海外勤務や外資系企業、外国人窓口を担当される方など一部の例を除き、一般的な社会人において「英語ができる」とは「英語を自分の人生に活かせる」ことを意味するのではないかと私は考えます。
ゆえに英語学習は「読み書き」だけで十分。いや、むしろ英語学習は「読み書き」に特化し、「話す」や「外国人とのコミュニケーション」をなくして本当に使う部分だけを最短距離で学ぶ効率的な学習が求められていると思います。
これが私が「読み書き」に特化した英語教室を開校する理由です。

今回はその辺りの事情について書いてみたいと思います。

英語を遠ざける「話す」と「外国人」

日常的に英語を話す機会がない

私が英語学習で「話す」をやらなくていいと思う最大の理由は、日本に住む一般的な社会人の日常に「英語を話す機会がない」ということです。皆無といって過言ではないでしょう。

私たちの日常において外国人とふれあう機会は、最近になって増えてきた外国人のコンビニ店員さんくらいなものです。しかし、彼らはお弁当を暖めるかきくのに英語で話かけるようなことはしません。流暢な日本語で「お弁当は温めますか?」ときいてくれます。私たちの日常に近い外国人は、ちゃんと日本語を勉強してくれているのです。英語で会話する必要はありません。でもカップラーメンにフォークをつけるのはやめてほしい。

英語はツール、道具です。
日常生活において使われることのない道具を持つ理由はどこにもありません。

黒船におびえる日本人

英語で話す機会がない、というのは、目新しい発見でもなんでもありません。これまでも繰り返し語られてきたことです。
そこで既存の英語教室は「話す機会がないのであれば作ってしまおう」と考え、「日本人が英語で外国人とふれあえるイベント」を催すことにしました。生徒が英語で話せるようになる目的を、英語教室が自ら創り出してしまおうというマッチポンプ的な発想です。

私はかつて英語教室の英会話イベントに参加したことがあります。
そのイベントは日本人と外国人が英会話を楽しむことを目的としたもので、コンサルタントの立場から何回か見学させていただきました。
ビュッフェ形式の食事やゲームなどを用意し、多いときで20人を超える人が集まるようなイベントでした。今思えばわりと本格的な英会話イベントだったとふり返ります。
そのイベントで私が見たのは、宣教師と教義について語らう人々ではなく、黒船の襲来に怯える日本人の姿でした。

英語を学んだのだから話せという先生。
海外経験があって得意気に英語をペラペラ話す日本人。
ペラペラな日本人を基準として初心者にも流暢な英語で話しかける外国人。
そして「こんなはずじゃなかった」と後悔をにじませる英語初心者たち。

思わず目を覆いたくなるような阿鼻叫喚の空間でした。

日本人特有の「奥ゆかしさ」を全開にして話かけられるのを待つ英語初心者たち。ようやく外国人から話しかけられるも、あきらかに体が外国人と反対側にそれてしまっています。
しかし、奥ゆかしさと同じくらい「真面目さ」も日本人の性質。この環境から「逃げちゃ駄目だ」と自らを奮い立たせ、一念発起して英語で外国人と会話を試みます。が、まったく話は通じず。終いには外国人から苦笑いと日本語を引き出してしまい、自己嫌悪におちいってしまう始末。
味方が誰もいない空間で、唯一日本語で話すことを許されていた私だけが、彼らの心の拠り所となっていたようでした。あの時「厳しいですね」と呟やくようにいった彼は、英語が話せるようになったのかな。

結局のところ、言語能力に差があるものが集まっても悲劇が生まれるだけなのだ、ということを私はこのイベントから学びました。

同期通信から非同期通信の時代へ

私が英語は「読み・書き」だけでいいと主張する理由のひとつに、間接的な人間のコミュニケーションが同期通信から非同期通信に移り変わりつつあることがあります。

同期通信の時代

これまでの時代、間接的な人間のコミュニケーションは、電話に代表される「同期通信」で行われてきました。電話による音声通話でお互いの意思を伝え合い、コミュニケーションしていたのです。

この時代にも手紙やポケベルなどの「非同期通信」はありました。
しかし手間暇がかかるわりに電話ほどの情報量をやり取りできず、万人が使うほど普及はしませんでした。
手紙は相手に到着するまでの時間差があり、ポケベルは文字数制限で大した情報量を送れなかったのです。非同期通信が普及しなかったのは無理もない話です。

非同期通信の台頭

インターネットの普及により、コミュニケーションの主役はメールやLINEのようなチャットシステムによる非同期通信へと移り変わりつつあります。いや、ここで移り変わった、と言いきれないのは、私が年寄りだからなのでしょう。
若い世代にとって、相手の都合を無視する電話(音声通話)を未だに使う人は「イタイい人」なのだとききます。どうしても電話が必要なときは、事前にLINEで確認してからするそう。なるほど、若い人が非同期通信を好むのは合理的であり、相手への思いやりを感じさせる話です。激痛な人で申し訳ない。

ここまで非同期通信が普及するようになったのは、かつて電話のお株だった「即時性」を、非同期通信が備えたからです。「リアルタイムでなければならない」電話より、「リアルタイムでもそうでなくてもいい」という、しなやかさを備えた通信手段が選ばれるようになったのは必然といえます。

非同期通信は、一対一のコミュニケーションである電話と違い、一対多のコミュニケーションが容易にできるのもメリットです。
以前は飲み会のスケジュール調整に一人ずつ電話して意思を確認し、誰かひとりでもスケジュールが合わない人がいると、また一からやり直し、という手間がかかりました。今はグループチャットで話しかければ全員から返信がもらえます。便利な世の中になったものです。

同じ会社で同じ時間に働いていてもチャットを使うという話も珍しくなくなってきました。
話の聞き間違いや移動時間の発生しない非同期通信が、合理性の求められるビジネスの現場で使われるようになっていくのもまた必然といえます。

非同期通信は、ボイスメールや動画など、一部の特殊なケースを除けば、その大半が「文章」で行われています。そう、非同期通信時代のコミュニケーションの大半は「読み書き」で行われているのです。

非同期通信時代の英語教育

つまり私の主張する「読み書き」だけの英語学習というのは、これからの非同期通信時代に「最もフィットした効率的な英語学習」であると考えます。

現在の英語教育の概念が作られたのは、同期通信が主役だった時代です。電話や顔をあわせるコミュニケーションが早かった時代において、英語のヒアリングやスピーキングができることが重視されたのは理解できます。
しかし時代は変わりました。合理化・効率化の観点から英語が話せる必要性は失われつつあります。

非同期通信時代の英語学習は、目的達成に必要なインプットとアウトプットを前提とした「英語の文章作成能力」を集中的に磨く、最短距離の学習へとシフトすべきではないでしょうか。

未来の非同期通信は英語で行われる

「飛躍した妄想」といわれるのを承知で、私の想像する非同期通信の未来について書いてみます。

これからそう遠くない未来、SNSを中心とした非同期通信のアウトプットは英語で行われるようになるのではないかと思っています。理由は「機械翻訳」の精度向上です。

なぜ機械翻訳の精度が向上すると、日本人のアウトプットが英語で行われるようになるのか。

例えばあなたが英語を使いこなせるとします。
機械翻訳の精度が上がり、実用レベルで英語を日本語に自動翻訳できるようになった未来。さて、あなたはSNSに投稿するときに何語で投稿しますか?おそらく英語で投稿するのではないでしょうか。

そう、英語を実用レベルで日本語に翻訳できるのであれば、英語が使える人は英語でSNSに投稿したほうが、一投稿あたりの影響力を大きくすることができます。英語ができない日本人は、翻訳機能を使って投稿を読んでくれるので、英語で投稿しても問題はありません。詳しくは後述しますが、英語人口17億5,000万人に対し、日本語人口はたったの1億3,000万人。ターゲットを限定しない投稿ならば、英語で投稿したほうが合理的といえます。

そんなムーブメントなど起こるはずはない、と笑うでしょうか。
しかし、現にFacebookの投稿には多言語に翻訳する機能が実装されて久しい。あとは精度の問題です。

かつてInstagramでは、一眼レフで撮影した本気写真を投稿する人が、嘲笑の対象となっていた時期があったそうです。Instagramはスマホで撮影したスナップ写真を投稿する場所。そんな認識があったのでしょう。しかし「インスタ映え」なる言葉を生み出すまでにいたった今日のInstagramを見れば、その嘲笑がいかにナンセンスなものだったかがわかります。

私はInstagramと同じことが言語の世界でも起こるような気がするのです。
現在、政治や経済の第一線で活躍する有名人には、英語が堪能な方が多いと思います。そんな人の中からポツリポツリと英語でSNSに投稿する人が現れます。それを「意識が高い」と英語ができない人たちが笑うわけです。当面は英語と日本語の両方で投稿をしてくれるかもしれません。しかし次第に英語で投稿する人口が増えだし、気がつけば英語ができない人は、機械翻訳を通じてしか投稿を読むことができなくなってしまう。そんな未来もあり得るとは思いませんか?

しかし、機械翻訳の精度が上がるということは、英語→日本語だけでなく、日本語→英語の精度も上がるからそんな未来は来ない。そう思われる方もいらっしゃるでしょう。
でも残念ながら日本語の機械翻訳が難しいことは、機械翻訳の事情に詳しくない私でも知っているくらい有名な話です。日本語は表現方法が多彩なうえ、平気で主語が抜けたりします。ニュアンスがものをいう言語なので、翻訳するのが非常に難しい言語なのです。それでもいつかは精度が向上して実用レベルの翻訳ができるようになるでしょう。けれどそれは、英語→日本語の自動翻訳よりずっと後の話になるのではないかと思います。

最初に述べたように、我ながら飛躍した話だと思いますが、そんな未来もありえると考えています。

英語は一生使えるスキル

英語を日常生活で使わないのであれば、「読み書き」すらいらない、という方もいらっしゃるかもしれません。

ここからは、なぜ私が「読み書き」だけでも英語ができたほうがよいと思うかについて書いてみたいと思います。

圧倒的な母数の違いによるメリット

こちらのサイトによれば現在、世界で最も使われている言語は英語で、17億5,000万人の英語人口がいるそうです。対して日本語の人口は約1億3,000万人。

この圧倒的な母数の差が人生に与えるインパクトは凄まじいものがあります。英語によるインプット・アウトプットができると、「あなた」という人間の影響力を何倍にも大きくし、可能性を拡げることができるのです。

例えばあなたがSNSに投稿をするとします。ここで英語を使って適切なコメントやタグ付けできるかで、あなたの一投稿あたりの影響力が変わります。昨今は、インスタに代表される非言語的なSNSも増えていますが、本当に見てもらいたい人たちに情報を届けるためには、言語的なアプローチが欠かせません。
プライベート、ビジネスを問わず、成功のチャンスは往々にして偶然からもたさられるもの。私たちは偶然を意図的に起こすことはできませんが、その可能性を最大化することはできます。
英語はあなたの影響力を高め、成功を後押ししてくれる優秀なツールになる得ると思います。

英語で作る錯覚資産

昨年ヒットした書籍『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』で有名になった「錯覚資産」。「ひとつのことに秀でた人間は、他の部分も優れているように錯覚される」というヒトの習性を利用し、錯覚を資産のように自分に有利に働かせようというお話です。

英語の読み書き能力は、あなたに手っ取り早く錯覚資産を与えます。
英語とまったく無縁の業務に従事していたとしても、英語で情報を調べ日本語に翻訳して伝えてみたり、自分の仕事について英語で発信することで、周囲からは「頼りになる存在」と認識されるようになります。英語に縁のない職場であればあるほど錯覚資産として機能しやすくなるわけです。程度を間違えるとイタイ人になってしまいますが、そうなったとしても、その他大勢に埋もれるよりはマシです。そう思えない場合は英語以前の問題ですが。

英語の読み書きによるビジネス成功例

最後に、私自身が経験した英語の読み書きによるビジネス成功例についてお話したいと思います。

少し専門的な話しになりますが、私の所属する株式会社FUCOは、かつて「WordPress」というWeb制作に使われるツールに強みがあり、技術書出版のお話をいただいたり、WordCampというWordPressの国内イベントに参加してオフィシャルスポンサーを務めたりしていました。
余談ですが、WordCampのホームページにはその頃の情報が残されていました。昔の会社ロゴが懐かしい。

長岡のはずれにある小さな会社が、なぜWordPressについて強みを持つにいたったのか。
その理由は簡単、英語でWordPressの情報を調べていたからです。

WordPressは「オープンソース」という概念で運用されています。誰でも無料で使えるものの、説明書や解説書などは付属せず、わからないところは自分で調べなくてはなりません。

当時の日本ではWordPressではなく、Movable Typeという他のツールが人気でした。そのため、日本語でWordPressの情報を調べても欲しい情報がまったく見つからない時代があったのです。
そこで検索の主体を日本語から英語へとシフトしたところ、たくさんの情報が見つかるようになり、早い段階で多くの案件にWordPressを使うことができました。実績が多くできれば、その点で人から頼られるのは必然。こうして好循環を創り出すことに成功した私たちは、WordPressという分野において抜きん出た存在になることができたのです。

私たちは技術も英語も特に優れていたわけではありませんでした。
唯一、私たちと他の人が違ったのは「英語で検索し、内容を読んだ」だけ。それが結果として早い段階でWordPressを使うことに繋がり、強みとして差別化に成功して利益を得ることができたのです。

まとめ

英語は「読み書き」だけでいいと思う理由について徒然なるままに書いていたら6,000字を越えていました。これまでこのブログで書いた記事の中では最長です。これでもかなり減らしたつもりでしたが。

私は一般的な日本人における英語の必要性から考えると、英語を話せるようになる必要はないと思います。

そして一般的な日本人が活用するための英語の範囲と、学習コストを照らし合わせた結果、英語は「読み書き」だけ学ぶことが最も費用対効果の高いポイントであると考えます。
使わないスキルを得るために闇雲に学習コストをかけるよりも、英語は日常に活かせる範囲だけを学びましょう、というのが私の意見です。