主役を独占した桜 大河津分水 燕市

信濃川を分ける大河津分水の堤防は、春になると桜色に染まります。

桜のあしもとには菜の花。
薄紅と黄色の色どりが、春爛漫を告げます。

昨年、ここで花魁道中を見ました。

艶やかな花魁と付き人たちの行列が、ゆるりと桜並木を歩きゆく姿を思い出します。

今年の大河津分水に花魁の姿はありません。

桜まつりは中止になってしまいました。

桜は今年も花を咲かせます。

誰かに見られるために着飾るんじゃない

そういう女性のようです。

主役を独占した桜は、気品に満ちて咲き誇っているように見えました。

大河津分水 – Wikipedia