開花を待つ桜の名所 悠久山公園

桜が咲く前の悠久山公園をカメラ片手に散歩してきました。

園内は4月6日から開催される観桜会の準備作業中。

この日は平日で曇り空でしたが、学校が春休み中ということもあって学生や子連れのファミリーがいらっしゃいました。

悠久山公園は少し高台なので残雪がチラホラと。

職員らしき方が懸命に除雪作業をしていました。

観桜会には早いですが(撮影日は2日)屋台の準備がもう終わっていました。

場所取りなのかな。

桜はまだ蕾。6日の観桜会までに咲くとは思えませんが、ここから驚異的な速度で開花するのでしょうか。

蒼柴神社。ここに来るのは初詣で二年参りした時ぶりです。

泉翠池の周辺も観桜会の準備が着々と進められていました。

泉翠池の脇には小さな滝があります。

滝を見るとシャッター速度を変えてパシャパシャとやりたくなるのはカメラ初心者の性。

生き物みたい。荒々しいなぁ。

水辺には淡いピンク色の小さな植物が群生していました。

「春の小川は さらさら行くよ」

童謡そのままの風景がそこにはありました。

さらさらと滑らかな水の流れと、水辺に咲く小さな花をを眺めていると癒やされますね。

とはいうものの、真実は撮影のために普段使わない筋肉を酷使する苦しい体勢をしてたりします。癒されるどころかまったく逆です笑。