ナマハゲは100種類を超えていた! なまはげ館・男鹿真山伝承館

秋田といえばナマハゲ。

そういう方は多いのではないでしょうか。多分に洩れず私もそうでした。

ナマハゲについてよく知っているという方はどのくらいいらっしゃるでしょう。

「悪ぃ子はいねがぁっ!」
そういって子どもを驚かす。

それくらいの理解という方が大半ではないでしょうか。

いったいナマハゲとは何者なのか、何を目的として現れるのか。

その疑問に答えてくれるのが男鹿半島の真山地区にあるなまはげ館・男鹿真山伝承館です。

街頭までナマハゲの手桶を模しているという徹底ぶり。

館内はナマハゲにちなんだモノなどが数多く展示されていました。

ナマハゲの解説動画を上映するシアター的なものも。

この動画を一通り見ると、ナマハゲとはいったい何なのかがわかります。

あれ、

ナマハゲが、

いっぱい、

いるよ?

えー!

秋田県民でない方には衝撃的な事実だと思うんですよね。

実は私、これまでナマハゲは2、3体しかいないものだと思っておりました。
その2、3体のナマハゲがローテーションを組んで秋田の家々を回って「悪ぃ子はいねがぁっ!」とやるのだと。

私たち秋田県外の人間の目に触れるナマハゲが、いつも同じデザインなのが勘違いの元凶。

上画像は次回書く「なまはげ太鼓ライブ」のノボリなのですが、県外民の我々にとってナマハゲってこの顔ですよね。

いっぱいいる・・・。

この部屋一面にたくさんナマハゲの人形があり、その数110体。なまはげ48も余裕。

まさかこんなに何十種類もいるものとは・・・いつも見てたあの子はセンターの子か。

大晦日の夜にはこれらの何十種類ものナマハゲが男鹿半島を歩き回るというのだから熱い。

なまはげ館でナマハゲの真実に触れて驚いた後は、なまはげ館に隣接する男鹿真山伝承館という古民家を模した施設で、真山地区のナマハゲ行事を体験することに。

古民家の雰囲気がよく再現されています。

案内役のお母さんから説明を色々ききます。

写真も動画もOKとは太っ腹。

なまはげ体験が始まりました。

壁を叩きながら荒々しく登場するナマハゲ。

落ち着きなく家中を歩くナマハゲ。

お膳を差し出されると大人しく座るナマハゲ。

一番前で見ていた家族連れの子どもはビックリして怯えていました。

家人を連れていこうとするナマハゲと、させまいとする家主との「なまはげ問答」がはじまりました。

ナマハゲは「なまはげ台帳」とよばれる帳面を見ながら家主を問い詰めます。

「ここに書いてあるッ!」

「そうだ、そこに書いてあるッ!」

なまはげの詰問を家主は上手く言い訳しながら躱していきます。

なまはげ問答がしばらく続きます。

家主の注いだお酒を呑むナマハゲ。

どうにも煮え切らない態度の家主に腹を立てたのか、家中を捜すと言い始めるナマハゲ。

客席まで侵入して捜し始めるナマハゲ。

客をいじりだす家主とナマハゲ。

実は子どもに優しいナマハゲ。

ひとしきり捜索して納得したナマハゲ。

お帰りになるナマハゲ。

ナマハゲ体験は以上で終了。

家主とナマハゲの問答が愉快で面白く、ナマハゲが次にどんな行動にでるか予想できずハラハラして楽しかったです。

ナマハゲ体験はすべて秋田弁で語られるので、半分くらいは何を言っているかわかりません。でもなんとなくニュアンスで意味がわかるから不思議。

男鹿真山伝承館は、ナマハゲ行事をエンターテイメントとして成立させているのが本当に素晴らしいと思います。
こうすることで後世や広く世間にナマハゲを伝え残していきやすくなりますよね。

やっぱり秋田といったらナマハゲ。

秋田を観光する際は、男鹿半島まで足を伸ばしてナマハゲを体験するのがオススメです。

なまはげ館・男鹿真山伝承館

秋田旅行まとめ 9観光記事